小物・薄板の精密板金加工、試作加工 (有)長井技研

山形県長井市の町工場

Home会社概要機械設備製品紹介材料・加工内容お問い合わせ
板金加工・精密板金とは材料の豆知識加工の豆知識板金機械の豆知識
FAQ資料館(鋼材・材料)資料館(公差)資料館(JISリスト)資料館(JIS用語)
お客様の声ご注文・お見積されるお客様へ図面ガイド・用紙サイトマップ精密板金加工屋のつぼ探し



資料館(鋼材・材料) >> 2.JISに規定される非鉄金属の種類・特性・用語など

銅及び銅合金
引用元 : JIS H 3100:2000 銅及び銅合金の板及び条


  • JIS H 3100 銅及び銅合金の板及び条 − Copper and copper alloy sheets, plates and strips

銅及び銅合金の板及び条に関して、
JIS規格(日本工業規格)において、上記
のJIS規格から引用・抜粋した資料です。

ご利用に際しては、こちらのご注意もご
確認ください。

JIS規格関連ではこちらもご参考にどうぞ。
>> 資料館(公差)
>> 資料館(JISリスト)
>> 資料館(JIS用語)
>> 勉強部屋



銅及び銅合金

1.適用規格

本規格 「JIS H 3100:2000 銅及び銅合金の板及び条」 は、圧延した銅及び銅合金の板及び条について規定する。

2.引用規格

次に揚げる規格は、上記規格に引用されることによって、この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は、その最新版を適用する。
  • JIS B 8270 圧力容器(基盤規格)
  • JIS H 0321 非鉄金属材料の検査通則
  • JIS H 0501 伸銅品結晶粒度試験方法
  • JIS H 0505 非鉄金属材料の体積抵抗率及び導電率測定方法
  • JIS H 1012 銅及び銅合金の分析方法通則
  • JIS H 1051 銅及び銅合金中の銅定量方法
  • JIS H 1052 銅及び銅合金中のすず定量方法
  • JIS H 1053 銅及び銅合金中の鉛定量方法
  • JIS H 1054 銅及び銅合金中の鉄定量方法
  • JIS H 1055 銅及び銅合金中のマンガン定量方法
  • JIS H 1056 銅及び銅合金中のニッケル定量方法
  • JIS H 1057 銅及び銅合金中のアルミニウム定量方法
  • JIS H 1058 銅及び銅合金中のりん定量方法
  • JIS H 1059 銅及び銅合金中のひ素定量方法
  • JIS H 1061 銅及び銅合金中のけい素定量方法
  • JIS H 1062 銅及び銅合金中の亜鉛定量方法
  • JIS H 1292 銅及び銅合金の蛍光X線分析方法
  • JIS Z 2201 金属材料引張試験片
  • JIS Z 2204 金属材料曲げ試験片
  • JIS Z 2241 金属材料引張試験方法
  • JIS Z 2244 ビッカース硬さ試験 − 試験方法
  • JIS Z 2248 金属材料曲げ試験方法
ページUP▲

3.銅及び銅合金の種類及び記号

銅及び銅合金の板及び条の種類及び記号は、表1による。
備考 : 質別を示す記号は表1の記号の後に付ける。


表1 銅及び銅合金の種類及び記号
種類 記号 参考
合金記号 形状 名称 特性・特色及び用途例
C1020 C1020P(1) 無酸素銅 電気・熱の伝導性、展延性・絞り加工性に優れ、溶接性・耐食性・耐候性がよい。還元性雰囲気中で高温に加熱しても水素ぜい化を起こすおそれがない。電気用、化学工業用など。
C1020R(1)
C1100 C1100P(1) タフピッチ銅 電気・熱の伝導性に優れ、展延性・絞り加工性・耐食性・耐候性がよい。電気用、蒸気がま、建築用、化学工業用、ガスケット、器物など。
C1100R(1)
C1201 C1201P りん脱酸銅 展延性・絞り加工性・溶接性・耐食性・耐候性・熱の伝導性がよい。C1220は還元性雰囲気中で高温に加熱しても水素ぜい化を起こすおそれがない。C1201は、C1220及びC1221より電気の伝導性がよい。ふろがま、湯沸器、ガスケット、建築用、化学工業用など。
C1201R
C1220 C1220P
C1220R
C1221 C1221P
C1221R
C2100 C2100P 丹銅 色沢が美しく、展延性・絞り加工性・耐候性がよい。
建築用、装身具、化粧品ケースなど。
C2100R
C2200 C2200P
C2200R
C2300 C2300P
C2300R
C2400 C2400P
C2400R
C2600 C2600P(1) 黄銅 展延性・絞り加工性に優れ、めっき性がよい。端子コネクターなど。
C2600R(1)
C2680 C2680P(1) 展延性・絞り加工性・めっき性がよい。スナップボタン、カメラ、まほう瓶などの深絞り用、端子コネクター、配線器具など。
C2680R(1)
C2720 C2720P 展延性・絞り加工性がよい。浅絞り用など。
C2720R
C2801 C2801P(1) 強度が高く、展延性がある。打ち抜いたまま又は折り曲げて使用する配線器具部品、ネームプレート、計器板など。
C2801R(1)
C3560 C3560P 快削黄銅 特に被削性に優れ、打抜き性もよい。
時計部品、歯車など。
C3560R
C3561 C3561P
C3561R
C3710 C3710P 特に打抜き性に優れ、被削性もよい。
時計部品、歯車など。
C3710R
C3713 C3713P
C3713R
C4250 C4250P すず入り黄銅 耐応力腐食割れ性、耐磨耗性、ばね性がよい。
スイッチ、リレー、コネクタ、各種ばね部品など。
C4250R
C4430 C4430P アドミラルティ黄銅 耐食性、特に耐海水性がよい。厚物は熱交換器用管板、薄物は熱交換器、ガス配管用溶接管など。
C4430R
C4621 C4621P ネパール黄銅 耐食性、特に耐海水性がよい。厚物は熱交換器用管板、薄物は船舶海水水取入口用など(C4621 はロイド船級用、Nk船級用、C4640 はAB船級用)。
C4640 C4640P
C6140 C6140P アルミニウム青銅 強度が高く、耐食性、特に耐海水性、耐磨耗性がよい。
機械部品、化学工業用、船舶用など。
C6161 C6161P
C6280 C6280P
C6301 C6301P
C7060 C7060P 白銅 耐食性、特に耐海水性がよく、比較的高温の使用に適する。熱交換器用管板、溶接管など。
C7150 C7150P
C1100 印刷用板 C1100PP 印刷用銅 特に平面が平滑である。グラビア版用。
C1221 印刷用板 C1221PP
C1401 印刷用板 C1401PP 特に平面が平滑で耐熱性がある。写真凸版用。
C2051 C2051R 雷管用銅 特に絞り加工性が優れている。雷管用。
C6711 C6711P 楽器弁用黄銅 打抜き性、耐疲労性がよい。
ハーモニカ・オルガン・アコーディオンの弁など。
C6712 C6712P
注(1) 導電用のものは、表1の記号の後にCを付ける。

ページUP▲

4.銅及び銅合金の品質
4.1 外観
銅及び銅合金の板及び条は、仕上良好・均一で、使用上有害な欠陥(2)があってはならない。
注(2) 使用上有害な欠陥は、受渡当事者間の協定による。
4.2 化学成分
銅及び銅合金の板及び条の化学成分は、表2による
単位 : %
表2 銅及び銅合金の化学成分

合金記号 化学成分
Cu Pb Fe Sn Zn Al Mn Ni P その他
C1020 99.96以上 - - - - - - - - -
C1100 99.90以上 - - - - - - - - -
C1201 99.90以上 - - - - - - - 0.004以上
0.015未満
-
C1220 99.90以上 - - - - - - - 0.015〜
0.040
-
C1221 99.75以上 - - - - - - - 0.004〜
0.040
-
C2100 94.0〜96.0 0.05以下 0.05以下 - 残部 - - - - -
C2200 89.0〜91.0 0.05以下 0.05以下 - 残部 - - - - -
C2300 84.0〜86.0 0.05以下 0.05以下 - 残部 - - - - -
C2400 78.5〜81.5 0.05以下 0.05以下 - 残部 - - - - -
C2600 68.5〜71.5 0.05以下 0.05以下 - 残部 - - - - -
C2680 64.0〜68.0 0.05以下 0.05以下 - 残部 - - - - -
C2720 62.0〜64.0 0.07以下 0.07以下 - 残部 - - - - -
C2801 59.0〜62.0 0.10以下 0.07以下 - 残部 - - - - -
C3560 61.0〜64.0 2.0〜3.0 0.10以下 - 残部 - - - - -
C3561 57.0〜61.0 2.0〜3.0 0.10以下 - 残部 - - - - -
C3710 58.0〜62.0 0.6〜1.2 0.10以下 - 残部 - - - - -
C3713 58.0〜62.0 1.0〜2.0 0.10以下 - 残部 - - - - -
C4250 87.0〜90.0 0.05以下 0.05以下 1.5〜3.0 残部 - - - 0.35以下 -
C4430 70.0〜73.0 0.05以下 0.05以下 0.9〜1.2 残部 - - - - As0.02
〜0.06
C4621 61.0〜64.0 0.20以下 0.10以下 0.7〜1.5 残部 - - - - -
C4640 59.0〜62.0 0.20以下 0.10以下 0.50〜1.0 残部 - - - - -
C6140 88.0〜92.5 0.01以下 1.5〜3.5 - 0.20以下 6.0〜8.0 1.0以下 - 0.015以下 Cu+Pb+Fe
+Zn+Mn+
Al+P
99.5以上
C6161 83.0〜90.0 - 2.0〜4.0 - - 7.0〜10.0 0.50〜2.0 0.50〜2.0 - Cu+Al+Fe
+Ni+Mn
99.5以上
C6280 78.0〜85.0 - 1.5〜3.5 - - 8.0〜11.0 0.50〜2.0 4.0〜7.0 - Cu+Al+Fe
+Ni+Mn
99.5以上
C6301 77.0〜84.0 - 3.5〜6.0 - - 8.5〜10.5 0.50〜2.0 4.0〜6.0 - Cu+Al+Fe
+Ni+Mn
99.5以上
C7060 - 0.05以下 1.0〜1.8 - 0.50以下 - 0.20〜1.0 9.0〜11.0 - Cu+Ni+Fe
+Mn
99.5以上
C7150 - 0.05以下 0.40〜1.0 - 0.50以下 - 0.20〜1.0 29.0〜33.0 - Cu+Ni+Fe
+Mn
99.5以上
C1401 99.30以上 - - - - - - 0.10〜0.20 - -
C2051 98.0〜99.0 0.05以下 0.05以下 - 残部 - - - - -
C6711 61.0〜65.0 0.10〜1.0 - 0.7〜1.5 残部 - 0.05〜1.0 - - Fe+Al+Si
1.0以下
C6712 58.0〜62.0 0.10〜1.0 - - 残部 - 0.05〜1.0 - - Fe+Al+Si
1.0以下


ページUP▲
4.3 銅及び銅合金の機械的性質及びその他の特性の項目
銅及び銅合金の板及び条の機械的性質及びその他の特性の項目は、表3による。
表3 銅及び銅合金の機械的性質及びその他の特性の項目

合金記号 記号 機械的性質及びその他の特性の項目(3)
引張強さ 耐力(4) 伸び 曲げ性 硬さ 結晶粒度
(5)
伝導率・
体積抵抗率
水素ぜい性 深絞り性
C1020 C1020P
C1020R
- × -
C1100 C1100P
C1100R
(*) × - - -
C1201 C1201P
C1201R
- × - -
C1220 C1220P
C1220R
(*) × - - -
C1221 C1221P
C1221R
- - - -
C2100 C2100P
C2100R
- - - - -
C2200 C2200P
C2200R
- - - - -
C2300 C2300P
C2300R
- - - - -
C2400 C2400P
C2400R
- - - - -
C2600 C2600P
C2600R
- × - -
C2680 C2680P
C2680R
- × - -
C2720 C2720P
C2720R
- × - - - -
C2801 C2801P
C2801R
- × - - -
C3560 C3560P
C3560R
- - - - - - -
C3561 C3561P
C3561R
- - - - - - -
C3710 C3710P
C3710R
- - - - - - -
C3713 C3713P
C3713R
- - - - - - -
C4250 C4250P
C4250R
- × - - - -
C4430 C4430P
C4430R
- - - - - - -
C4621 C4621P - - - - - - -
C4640 C4640P (*) - - - - - -
C6140 C6140P (*) - - - - - -
C6161 C6161P - - - - - -
C6280 C6280P - - - - - - -
C6301 C6301P - - - - - - -
C7060 C7060P (*) - - - - - -
C7150 C7150P (*) - - - - - -
C1100 C1100PP - - - - - - - -
C1221 C1221PP - - - - - - - -
C1401 C1401PP - - - - - - - -
C2051 C2051R - - - - - -
C6711 C6711PP - - - - - - - -
C6712 C6712PP - - - - - - - -
注(3) ○印は必す(須)、△印は注文者の要求があった場合、×印は参考の試験項目を示す。
注(4) 耐力は(*)印だけの材料に適用する(4.4.2参照)。
注(5) 結晶粒度を適用した場合は、機械的性質は適用しない。

ページUP▲


4.4 銅及び銅合金の機械的性質
4.4.1 銅及び銅合金の板及び条の機械的性質
銅及び銅合金の板及び条の機械的性質(引張強さ・伸び・曲げ性・硬さ)は、表4による。
備考:規定厚さ範囲外の寸法のものの機械的性質は、受渡当事者間の協定による。
表4 銅及び銅合金の機械的性質

合金記号 質別 記号 引張試験 曲げ試験(6) 硬さ試験
厚さ
mm
引張強さ
N/mm2
伸び
厚さ
mm
曲げ
角度
内側半径 厚さ
mm
ビッカース
硬さ(7)
HV
C1020 O C1020P-O 0.15以上 0.3未満 195以上 30以上 2以下 180° 密着 - -
0.3以上 30以下 35以上
C1020R-O 0.15以上 0.3未満 30以上
0.3以上 3以下 35以上
1/4H C1020P-1/4H 0.15以上 0.3未満 215〜285 20以上 2以下 180° 厚さの
0.5倍
0.3
以上
55〜100
(8)(9)
0.3以上 30以下 215〜275 25以上
C1020R-1/4H 0.15以上 0.3未満 215〜285 20以上
0.3以上 3以下 215〜275 25以上
1/2H C1020P-1/2H 0.15以上 0.3未満 235〜315 10以上 2以下 180° 厚さの
1倍
0.3
以上
75〜120
(8)
0.3以上 20以下 245〜315 15以上
C1020R-1/2H 0.15以上 0.3未満 235〜315 10以上
0.3以上 3以下 245〜315 15以上
H C1020P-H 0.15以上 0.3未満 275以上 - 2以下 180° 厚さの
1.5倍
0.3
以上
80以上
(8)
0.3以上 10以下
C1020R-H 0.15以上 0.3未満
0.3以上 3以下
C1100 O C1100P-O 0.15以上 0.5未満 195以上 30以上 2以下 180° 密着 - -
0.5以上 30以下 35以上
C1100R-O 0.15以上 0.5未満 30以上
0.5以上 3以下 35以上
1/4H C1100P-1/4H 0.15以上 0.5未満 215〜285 20以上 2以下 180° 厚さの
0.5倍
0.3
以上
55〜100
(8)(9)
0.5以上 30以下 215〜275 25以上
C1100R-1/4H 0.15以上 0.5未満 215〜285 20以上
0.5以上 3以下 215〜275 25以上
1/2H C1100P-1/2H 0.15以上 0.5未満 235〜315 10以上 2以下 180° 厚さの
1倍
0.3
以上
75〜120
(8)
0.5以上 20以下 245〜315 15以上
C1100R-1/2H 0.15以上 0.5未満 235〜315 10以上
0.5以上 3以下 245〜315 15以上
H C1100P-H 0.15以上 0.5未満 275以上 - 2以下 180° 厚さの
1.5倍
0.3
以上
80以上
(8)
0.5以上 10以下
C1100R-H 0.15以上 0.5未満
0.5以上 3以下
C1201
C1220
C1221
O C1201P-O
C1220P-O
C1221P-O
0.15以上 0.3未満 195以上 30以上 2以下 180° 密着 - -
0.3以上 30以下 35以上
C1201R-O
C1220R-O
C1221R-O
0.15以上 0.3未満 30以上
0.3以上 3以下 35以上
1/4H C1201P-1/4H
C1220P-1/4H
C1221P-1/4H
0.15以上 0.3未満 215〜285 20以上 2以下 180° 厚さの
0.5倍
0.3
以上
55〜100
(8)(9)
0.3以上 30以下 215〜275 25以上
C1201R-1/4H
C1220R-1/4H
C1221R-1/4H
0.15以上 0.3未満 215〜285 20以上
0.3以上 3以下 215〜275 25以上
1/2H C1201P-1/2H
C1220P-1/2H
C1221P-1/2H
0.15以上 0.3未満 235〜315 10以上 2以下 180° 厚さの
1倍
0.3
以上
75〜120
(8)
0.3以上 20以下 245〜315 15以上
C1201R-1/2H
C1220R-1/2H
C1221R-1/2H
0.15以上 0.3未満 235〜315 10以上
0.3以上 3以下 245〜315 15以上
H C1201P-H
C1220P-H
C1221P-H
0.15以上 0.3未満 275以上 - 2以下 180° 厚さの
1.5倍
0.3
以上
80以上
(8)
0.3以上 10以下
C1201R-H
C1220R-H
C1221R-H
0.15以上 0.3未満
0.3以上 3以下
C2100 O C2100P-O 0.3以上 30以下 205以上 33以上 2以下 180° 密着 - -
C2100R-O 0.3以上 3以下
1/4H C2100P-1/4H 0.3以上 30以下 225〜305 23以上 2以下 180° 厚さの
0.5倍
- -
C2100R-1/4H 0.3以上 3以下
1/2H C2100P-1/2H 0.3以上 20以下 265〜345 18以上 2以下 180° 厚さの
1倍
- -
C2100R-1/2H 0.3以上 3以下
H C2100P-H 0.3以上 10以下 305以上 - 2以下 180° 厚さの
1.5倍
- -
C2100R-H 0.3以上 3以下
C2200 O C2200P-O 0.3以上 30以下 225以上 35以上 2以下 180° 密着 - -
C2200R-O 0.3以上 3以下
1/4H C2200P-1/4H 0.3以上 30以下 255〜335 25以上 2以下 180° 厚さの
0.5倍
- -
C2200R-1/4H 0.3以上 3以下
1/2H C2200P-1/2H 0.3以上 20以下 285〜365 20以上 2以下 180° 厚さの
1倍
- -
C2200R-1/2H 0.3以上 3以下
H C2200P-H 0.3以上 10以下 335以上 - 2以下 180° 厚さの
1.5倍
- -
C2200R-H 0.3以上 3以下
C2300 O C2300P-O 0.3以上 30以下 245以上 40以上 2以下 180° 密着 - -
C2300R-O 0.3以上 3以下
1/4H C2300P-1/4H 0.3以上 30以下 275〜355 28以上 2以下 180° 厚さの
0.5倍
- -
C2300R-1/4H 0.3以上 3以下
1/2H C2300P-1/2H 0.3以上 20以下 305〜380 23以上 2以下 180° 厚さの
1倍
- -
C2300R-1/2H 0.3以上 3以下
H C2300P-H 0.3以上 10以下 355以上 - 2以下 180° 厚さの
1.5倍
- -
C2300R-H 0.3以上 3以下
C2400 O C2400P-O 0.3以上 30以下 255以上 44以上 2以下 180° 密着 - -
C2400R-O 0.3以上 3以下
1/4H C2400P-1/4H 0.3以上 30以下 295〜375 30以上 2以下 180° 厚さの
0.5倍
- -
C2400R-1/4H 0.3以上 3以下
1/2H C2400P-1/2H 0.3以上 20以下 325〜400 25以上 2以下 180° 厚さの
1倍
- -
C2400R-1/2H 0.3以上 3以下
H C2400P-H 0.3以上 10以下 375以上 - 2以下 180° 厚さの
1.5倍
- -
C2400R-H 0.3以上 3以下
C2600 O C2600P-O 0.15以上 0.3未満 275以上 35以上 2以下 180° 密着 - -
0.3以上 1以下 40以上
1を越え 30以下
C2600R-O 0.15以上 0.3未満 275以上 35以上
0.3以上 1以下 40以上
1を越え 3以下
1/4H C2600P-1/4H 0.15以上 0.3未満 325〜420 30以上 2以下 180° 厚さの
0.5倍
0.3
以上
75〜125
(8)
0.3以上 30以下 325〜410 35以上
C2600R-1/4H 0.15以上 0.3未満 325〜420 30以上
0.3以上 3以下 325〜410 35以上
1/2H C2600P-1/2H 0.15以上 0.3未満 355〜450 23以上 2以下 180° 厚さの
1倍
0.3
以上
85〜145
(8)
0.3以上 20以下 355〜440 28以上
C2600R-1/2H 0.15以上 0.3未満 355〜450 23以上
0.3以上 3以下 355〜440 28以上
H C2600P-H 0.15以上 0.3未満 410〜540 - 2以下 180° 厚さの
1.5倍
0.3
以上
105〜175
(8)
0.3以上 10以下
C2600R-H 0.15以上 0.3未満
0.3以上 3以下
EH C2600P-EH 0.15以上 10以下 520〜620 - - - - 0.3
以上
145〜195
(8)
C2600R-EH 0.15以上 3以下
SH C2600P-SH 0.15以上 10以下 570〜670 - - - - 0.3
以上
165〜215
(8)
C2600R-SH 0.15以上 3以下
ESH C2600P-ESH 0.15以上 10以下 620以上 - - - - 0.3
以上
180以上
(8)
C2600R-ESH 0.15以上 3以下
C2680 O C2680P-O 0.15以上 0.3未満 275以上 35以上 2以下 180° 密着 - -
0.3以上 1以下 40以上
1を越え 30以下
C2680R-O 0.15以上 0.3未満 275以上 35以上
0.3以上 1以下 40以上
1を越え 3以下
1/4H C2680P-1/4H 0.15以上 0.3未満 325〜420 30以上 2以下 180° 厚さの
0.5倍
0.3
以上
75〜125
(8)
0.3以上 30以下 325〜410 35以上
C2680R-1/4H 0.15以上 0.3未満 325〜420 30以上
0.3以上 3以下 325〜410 35以上
1/2H C2680P-1/2H 0.15以上 0.3未満 355〜450 23以上 2以下 180° 厚さの
1倍
0.3
以上
85〜145
(8)
0.3以上 20以下 355〜440 28以上
C2680R-1/2H 0.15以上 0.3未満 355〜450 23以上
0.3以上 3以下 355〜440 28以上
H C2680P-H 0.15以上 0.3未満 410〜540 - 2以下 180° 厚さの
1.5倍
0.3
以上
105〜175
(8)
0.3以上 10以下
C2680R-H 0.15以上 0.3未満
0.3以上 3以下
EH C2680P-EH 0.15以上 10以下 520〜620 - - - - 0.3
以上
145〜195
(8)
C2680R-EH 0.15以上 3以下
SH C2680P-SH 0.15以上 10以下 570〜670 - - - - 0.3
以上
165〜215
(8)
C2680R-SH 0.15以上 3以下
ESH C2680P-ESH 0.15以上 10以下 620以上 - - - - 0.3
以上
180以上
(8)
C2680R-ESH 0.15以上 3以下
C2720 O C2720P-O 0.3以上 1以下 275以上 40以上 2以下 180° 密着 - -
1を越え 30以下 50以上
C2720R-O 0.3以上 1以下 275以上 40以上
1を越え 3以下 50以上
1/4H C2720P-1/4H 0.3以上 30以下 325〜410 35以上 2以下 180° 厚さの
0.5倍
0.3
以上
75〜125
(8)
C2720R-1/4H 0.3以上 3以下 325〜410 35以上
1/2H C2720P-1/2H 0.3以上 20以下 355〜440 28以上 2以下 180° 厚さの
1倍
0.3
以上
85〜145
(8)
C2720R-1/2H 0.3以上 3以下 355〜440 28以上
H C2720P-H 0.3以上 10以下 410以上 - 2以下 180° 厚さの
1.5倍
0.3
以上
105以上
(8)
C2720R-H 0.3以上 3以下
C2801 O C2801P-O 0.3以上 1以下 325以上 35以上 2以下 180° 厚さの
1倍
- -
1を越え 30以下 40以上
C2801R-O 0.3以上 1以下 325以上 35以上
1を越え 3以下 40以上
1/4H C2801P-1/4H 0.3以上 30以下 335〜440 25以上 2以下 180° 厚さの
1.5倍
0.3
以上
85〜145
(8)
C2801R-1/4H 0.3以上 3以下 335〜440 25以上
1/2H C2801P-1/2H 0.3以上 20以下 410〜490 15以上 2以下 180° 厚さの
1.5倍
0.3
以上
105〜160
(8)
C2801R-1/2H 0.3以上 3以下 410〜490 15以上
H C2801P-H 0.3以上 10以下 470以上 - 2以下 90° 厚さの
1倍
0.3
以上
130以上
(8)
C2801R-H 0.3以上 3以下
C3560 1/4H C3560P-1/4H 0.3以上 10以下 345〜430 18以上 - - - - -
C3560R-1/4H 0.3以上 2以下
1/2H C3560P-1/2H 0.3以上 10以下 370〜460 10以上 - - - - -
C3560R-1/2H 0.3以上 2以下
H C3560P-H 0.3以上 10以下 420以上 - - - - - -
C3560R-H 0.3以上 2以下
C3561 1/4H C3561P-1/4H 0.3以上 10以下 375〜460 15以上 - - - - -
C3561R-1/4H 0.3以上 2以下
1/2H C3561P-1/2H 0.3以上 10以下 420〜510 8以上 - - - - -
C3561R-1/2H 0.3以上 2以下
H C3561P-H 0.3以上 10以下 470以上 - - - - - -
C3561R-H 0.3以上 2以下
C3710 1/4H C3710P-1/4H 0.3以上 10以下 375〜460 20以上 - - - - -
C3710R-1/4H 0.3以上 2以下
1/2H C3710P-1/2H 0.3以上 10以下 420〜510 18以上 - - - - -
C3710R-1/2H 0.3以上 2以下
H C3710P-H 0.3以上 10以下 470以上 - - - - - -
C3710R-H 0.3以上 2以下
C3713 1/4H C3713P-1/4H 0.3以上 10以下 375〜460 18以上 - - - - -
C3713R-1/4H 0.3以上 2以下
1/2H C3713P-1/2H 0.3以上 10以下 420〜510 10以上 - - - - -
C3713R- H 0.3以上 2以下
H C3713P-H 0.3以上 10以下 470以上 - - - - - -
C3713R-H 0.3以上 2以下
C4250 O C4250P-O 0.3以上 30以下 295以上 35以上 1.6
以下
180° 厚さの
1倍
- -
C4250R-O 0.3以上 3以下
1/4H C4250P-1/4H 0.3以上 30以下 335〜420 25以上 1.6
以下
180° 厚さの
1.5倍
0.3
以上
80〜140
(8)
C4250R-1/4H 0.3以上 3以下
1/2H C4250P-1/2H 0.3以上 20以下 390〜480 15以上 1.6
以下
180° 厚さの
2倍
0.3
以上
110〜170
(8)
C4250R-1/2H 0.3以上 3以下
3/4H C4250P-3/4H 0.3以上 20以下 420〜510 5以上 1.6
以下
180° 厚さの
2.5倍
0.3
以上
140〜180
(8)
C4250R-3/4H 0.3以上 3以下
H C4250P-H 0.3以上 10以下 480〜570 - 1.6
以下
180° 厚さの
3倍
0.3
以上
140〜200
(8)
C4250R-H 0.3以上 3以下
EH C4250P-EH 0.15以上 10以下 520以上 - - - - 0.3
以上
150以上
(8)
C4250R-EH 0.15以上 3以下
C4430 F C4430P-F 30以下 315以上 35以上 - - - - -
O C4430R-O 0.3以上 3以下
C4621 F C4621P-F 0.8以上 20以下 375以上 20以上 2以下 180° 密着 - -
20を越え 40以下 345以上 20以上 - - - - -
40を越え 125以下 315以上 20以上 - - - - -
C4640 F C4640R-F 0.8以上 20以下 375以上 25以上 - - - - -
20を越え 40以下 345以上 25以上 - - - - -
40を越え 125以下 315以上 25以上 - - - - -
C6140 F C6140P-F 50以下 480以上 35以上 - - - - -
50を越え 125以下 450以上 35以上
O C6140P-O 4以上 50以下 480以上 35以上 - - - - -
50を越え 125以下 450以上 35以上
H C6140P-H 4以上 12以下 550以上 25以上 - - - - -
12を越え 25以下 480以上 30以上
C6161 F C6161P-F 0.8以上 50以下 490以上 30以上 - - - - -
50を越え 125以下 450以上 35以上
O C6161P-O 0.8以上 50以下 490以上 35以上 2以下 180° 厚さの
1倍
- -
50を越え 125以下 450以上 35以上 - - - - -
1/2H C6161P-1/2H 0.8以上 50以下 635以上 25以上 2以下 180° 厚さの
2倍
- -
50を越え 25以下 590以上 20以上 - - - - -
H C6161P-H 0.8以上 50以下 685以上 10以上 2以下 180° 厚さの
3倍
- -
C6280 F C6280P-F 0.8以上 50以下 620以上 10以上 - - - - -
50を越え 90以下 590以上 10以上 - - - - -
90を越え 125以下 550以上 10以上 - - - - -
C6301 F C6301P-F 0.8以上 50以下 635以上 15以上 - - - - -
50を越え 125以下 590以上 12以上 - - - - -
C7060 F C7060P-F 0.5以上 50以下 275以上 30以上 - - - - -
C7150 F C7150P-F 0.5以上 50以下 345以上 35以上 - - - - -
C1100 H C1100PP-H - - - - - - 0.5
以上
90
以上(8)
C1221 H C1221PP-H - - - - - - 0.5
以上
90
以上(8)
C1401 H C1401PP-H - - - - - - 0.5
以上
90
以上(8)
C2501 O C2501R-O 0.2以上 0.35以下 215〜255 38以上 - - - - -
0.35を越え 0.6以下 215〜255 43以上 - - - - -
C6711 H C6711P-H - - - - - - 0.25
以上
1.5
以下
190
以上(8)
C6712 H C6712P-H - - - - - - 0.25
以上
1.5
以下
160
以上(8)
注(6) 曲げ試験の条件を示す。曲げ試験は、注文者の要求あるものに限り適用し、曲げた部分の外側に割れを生じてはならない。ただし、端部の割れは判定の対象にしない。
注(7) 最小試験力は、4.903Nとする。
注(8) 参考値を示す。
注(9) 最小試験力は、1.961Nとする。

ページUP▲

4.4.2 銅及び銅合金の耐力
銅及び銅合金の耐力は、表5による。ただし、JIS B8270 に適用される場合に限り適用する。
表5 銅及び銅合金の耐力

合金記号 質別 記号 寸法区分 mm 0.2%耐力
N/mm2
C1100 O C1100P-O
C1100R-O
- 70以上
C1220 O C1220P-O
C1220R-O
- 70以上
C6140 O C6140P-O 厚さ4以上 50以下 205以上
厚さ50を越え 125以下 195以上
C4640 F C4640P-F 厚さ 75以下 140以上
厚さ75を越え 125以下 125以上
C7150 F C7150P-F 厚さ 60以下 140以上
厚さ60を越え 125以下 125以上
C7060 F C7060P-F 厚さ 60以下 105以上

4.5 銅及び銅合金の結晶粒度
銅及び銅合金の板及び条の結晶粒度は、表6による。ただし、これは注文者の要求のあるものに限り適用する。この場合、表4は適用しない。
【※表6は割愛】

4.6 銅及び銅合金の導電率及び体積抵抗率
銅及び銅合金の板及び条の導電率及び体積抵抗率は、表7のa)及びb)による。ただし、これは注文者の要求のあるものに限り適用する。この場合、表4は適用しない。
【※表7は割愛】

4.7 銅及び銅合金の水素ぜい性
銅及び銅合金 C1020 ・ C1201 ・ C1221 の板及び条は、6.7の水素ぜい化試験を行った場合、結晶粒界に水素ぜい化特有の多数の気泡又は粒界分離を示す組織があってはならない。ただし、C1201 ・ C1221 の板及び条は、注文者の要求のあるものに限り適用する。

4.8 銅及び銅合金の深絞り性
C2051の条について、6.8の深絞り試験を行った場合、耳の高さは0.7mm以下でなければならない。

ページUP▲

5.寸法及びその許容差
5.1 銅及び銅合金の板の標準寸法
銅及び銅合金の板の標準寸法は、表8による。
単位 : mm
表8 銅及び銅合金の板の標準寸法(11)(12)

厚さ 幅×長さ 厚さ 幅×長さ
365×1200 1000×2000 365×1200 1000×2000
0.15 - 1.2 ◎○
0.2 - 1.5 ◎○
0.25 - 2 ◎○
0.3 - 2.5 ◎○
0.35 - 3 ◎○
0.4 ◎○ - 3.5 ◎○
0.45 ◎○ - 4 ◎○
0.5 ◎○ 5 ◎○
0.6 ◎○ 6 ◎○
0.7 ◎○ 7 ◎○
0.8 ◎○ 8 ◎○
1 ◎○ 10
注(11) ○印は、C1020 ・ C1100 ・ C1201 ・ C1220 ・ C1221 ・ C2100 ・ C2200 ・ C2300 ・ C2400 ・ C2600 ・ C2680 ・ C2720 ・ C2801 の板及び条を示す。
注(12) ◎印は、C3560 ・ C3561 ・ C3710 ・ C3713 の板及び条を示す。

5.2 銅及び銅合金の条の標準内径
銅及び銅合金の条のコイルの標準内径は、表9による。
単位 : mm
表9 銅及び銅合金の条の標準内径

厚さ コイルの標準内径
150 200 250 300 400 450 500
0.3以下 - - - -
0.3を越え 0.8以下 -
0.8を越え 1.5以下 - - -
1.5を越え 3以下 - - - -
ページUP▲

5.3 寸法の許容差
銅及び銅合金の板及び条の寸法の許容差は、表11〜14による。ただし、適用寸法及び適用すべき許容差は、表10による。
備考 : 規定範囲外の寸法のものの許容差は、受渡当事者間の協定による。
【※表10〜14は割愛】
表10 銅及び銅合金の板及び条の適用寸法及び適用すべき許容差 【割愛】

表11a) 銅及び銅合金の板の厚さの許容差 【割愛】
( C1020 ・ C1100 ・ C1201 ・ C1220 ・ C1221 ・ C2100 ・ C2200 ・ C2300 ・ C2400 ・ C2600 ・ C2680 ・ C2720 ・ C2801 ・ C3560 ・ C3561 ・ C3710 ・ C3713 ・ C4250 ・ C4430 ・ C4621 ・ C4640 )

表11b) 銅及び銅合金の板の厚さの許容差 【割愛】
( C6140 ・ C6161 ・ C6280 ・ C6301 ・ C7060 ・ C7150 )

表11c) 銅及び銅合金の板の厚さの許容差 【割愛】
( C1100PP ・ C1221PP ・ C1401PP )

表11d) 銅及び銅合金の板の厚さの許容差 【割愛】
( C6711 ・ C6712 )

表11e) 銅及び銅合金の条の厚さの許容差 【割愛】
( C2051 を除く )

表11f) 銅及び銅合金の条の厚さの許容差 【割愛】
( C2051 )

表12a) 銅及び銅合金の板の幅の許容差 【割愛】

表12b) 銅及び銅合金の条の幅の許容差 【割愛】
( C2051 を除く )

表12c) 銅及び銅合金の条の幅の許容差 【割愛】
( C2051 )


表13a) 銅及び銅合金の円板の径の許容差 【割愛】
( C1100 ・ C1201 ・ C1220 ・ C1221 ・ C2100 ・ C2200 ・ C2300 ・ C2400 ・ C2600 ・ C2680 ・ C2720 ・ C2801 )

表13b) 銅及び銅合金の円板の径の許容差 【割愛】
( C4430 ・ C4621 ・ C4640 ・ C6140 ・ C6161 ・ C6280 ・ C6301 ・ C7060 ・ C7150 )

表14 銅及び銅合金の板の長さの許容差 【割愛】


5.4 銅及び銅合金の条の曲がりの最大値
銅及び銅合金の条の曲がりの最大値は、表15による。ただし、規定範囲外の寸法のものの許容差は、受渡当事者間の協定による。
表15 銅及び銅合金の条の曲がりの最大値 【割愛】


5.5 銅及び銅合金の板のひずみの最大値
銅及び銅合金の板のひずみの最大値は、表16による。
備考 : 規定範囲外の寸法のものの許容差は、受渡当事者間の協定による。
表16 銅及び銅合金の板のひずみの最大値 【割愛】
( C4430 ・ C4621 ・ C4640 ・ C6140 ・ C6161 ・ C6280 ・ C6301 ・ C7060 ・ C7150 )

ページUP▲

6. 試験
6.1 銅及び銅合金の化学分析試験
銅及び銅合金の化学成分の化学分析試験は、次のいずれかによる。
JIS H 1012、 JIS H 1055、 JIS H 1061、 JIS H 1051、 JIS H 1056、 JIS H 1062、 JIS H 1052、
JIS H 1057、 JIS H 1291、 JIS H 1053、 JIS H 1058、 JIS H 1292、 JIS H 1054、 JIS H 1059

6.2 銅及び銅合金の引張試験
銅及び銅合金の引張試験は、JIS Z 2241 による。この場合の試験片は、圧延方向又はその直角の方向に取った表17の JIS Z 2201 の試験片とする。
表17 銅及び銅合金の試験片の種類
厚さ mm 試験片
20以下 5号
20を越えるもの 4号

6.3 銅及び銅合金の曲げ試験
銅及び銅合金の曲げ試験は、JIS Z 2248 による。この場合の試験片は、圧延方向又はその直角の方向に取った表17の JIS Z 2204 の試験片とする。

6.4 銅及び銅合金の硬さ試験
銅及び銅合金の硬さ試験は、JIS Z 2244 による。

6.5 銅及び銅合金の結晶粒度試験
銅及び銅合金の結晶粒度試験は、JIS H 0501 によって、表面に平行した面について行う。

6.6 銅及び銅合金の導電率試験及び体積抵抗率試験
銅及び銅合金の導電率試験及び体積抵抗率試験は、JIS H 0505 による。

6.7 銅及び銅合金の水素ぜい化試験
銅及び銅合金の水素ぜい化試験は、試験片を水素気流中において、850±25℃で30分間加熱した後、研磨し、エッチングし、顕微鏡で75〜200倍に拡大し、ぜい化の判定を行う。

6.8 銅及び銅合金の深絞り試験
銅及び銅合金の深絞り試験は、条から径約24.3mmの円板を打ち抜き、これを図1のようなポンチ及びダイスを用いて平底付き円筒に絞り加工する。その際にできる耳の高さを測定値とする。


ページUP▲

7. 検査

銅及び銅合金の検査は、次のとおり行う。
  1. 銅及び銅合金の板及び条は、外観・寸法を検査するとともに 6.によって試験を行い、4.及び 5.の規定に合格しなければならない。
  2. 銅及び銅合金の引張試験・曲げ試験・硬さ試験・結晶粒度試験・導電率試験・体積抵抗率試験・水素ぜい化試験・深絞り試験は、種類・質別・厚さの同じ板又は条について通常3000kg又はその端数を一組とし、各組から任意に1枚を取り、試験片を作る。
  3. 製造業者によって行われる導電率試験及び体積抵抗率試験は、製品が既に試験されたものと同一ロットであった場合は、その試験値を用いて検査を行ってもよい。
  4. そのほか一般事項は、JIS H 0321 による。

ページUP▲

8. 表示

銅及び銅合金の板及び条は、1包装ごと、1巻きごと又は1製品ごとに適切な方法によって、次の事項を表示しなければならない。
  1. 種類及び質別、又はそれらの記号
  2. 寸法
  3. 製造番号
  4. 製造業者名又はその略号




Home会社概要機械設備製品紹介材料・加工内容お問い合わせ
板金加工・精密板金とは材料の豆知識加工の豆知識板金機械の豆知識
FAQ資料館(鋼材・材料)資料館(公差)資料館(JISリスト)資料館(JIS用語)
お客様の声ご注文・お見積されるお客様へ図面ガイド・用紙サイトマップ精密板金加工屋のつぼ探し
更新情報 リンク集かんたん相互リンク勉強部屋地域情報ナビわが町紹介
超便利!検索窓集長井技研な人々自己紹介カレンダー
通信販売法に基づく表示著作権について個人情報、企業情報の保護について





当サイト内における、全ての文章及び画像等ファイルの著作権は、有限会社 長井技研にあります。
無断転載、無断使用を禁じます(リンクはフリーです)。

薄板精密板金加工の町工場@長井技研のRSSフィード


Copyright(C)2017 Nagai Giken Co.,Ltd. All Rights Reserved.